LOG IN

自分史を書いてみた

by ゆーへい

最近就活してます。

正確には4月くらいからぼちぼちやってました。

忙しくて全然更新できていなかったのですが、ちょっとした思いつきからまた書きます。
自己紹介的なものをね。

夏前くらいかな…
たまたま知り合った企業の新卒1年目の社員の人が
「自己分析やった?」
私得意だから一緒にやらせて!!

ありがたいことにそんな声をかけていただいた。

就活を経験した4年生からよく聞くワードベスト3に入るであろう「自己分析」
(他は、ES/SPI)

よく聞く自己分析。
しかしその実体がないのも自己分析。。
先輩に聞いてもよくわかってない。実はやってるフリをしている言いたがりな4年生が多いのかもしれない。
それか、自己分析というものが抽象的すぎて掴めないのかもしれない。

そんな状況だったこともあって、その社会人1年目さんにお願いをしてみることにした。

そこでやったのが

自分史

の作成である。
小学校の頃から自分がどんな人生を送って、
どんな感情になったのか。ライフイベント日記みたいなもの。
1年目さん(呼び方ごめんなさい)曰くどんなことでもいいんだとか。

たとえば?

って聞いたら

1年目さん

彼女に振られたとか…

って言われた。

小学校から自分を見つめ直したからここに書くのです。
(ちょっと変わった人なら僕がここを使って何をしたいのか理解してくれましたか?笑)

とにかくやって思ったことは

就活における自己分析は大学生にとって、とても大切だということ。
何がかっていうと、今までの人生を振り返るいいきっかけになるから。
ただなんとなく生きている。それだけなのが多くの大学生までだとすると、
モラトリアム期というバリアから飛び出すための心の準備。そんな気がした。

to be continue…

ちなみに1年目さん、しっかりしている反面、結構可愛くて(何かが)
引越しの話とか、
初対面なのに、来週仲良い友達に告白しようと思ってるの!
とか、
なんだか自由な女の子感がすごかった。(話して不安を発散するタイプ)


ゆーへい
OTHER SNAPS